社会福祉法人ゆたか会:HOME > 法人事務センター > 採用情報

社会福祉法人 ゆたか会

TEL:0740-22-1601(法人本部)

採用情報

先輩社員の声

是非一度ゆたか会を見学し、その魅力を感じてください

生活支援員(障害者支援施設 清湖園・2015年入社・聖泉大学)

ゆたか会(施設)に就職した理由
「介護=支える」という視点から、「介護=共に生きる」という視点に気付かせて頂いたり、利用者に寄り添える職場に感じられたからです。
現在の仕事の内容
生活支援員として利用者の生活に寄り添い、より暮らしやすい場を提供するために1人1人の利用者にあったケアプランを実施している。
仕事の魅力、やりがいなど
利用者の笑顔に自分も笑顔になることです。
【メッセージ】

人が好きと感じる人は人と関わりをもつ福祉に適していると思います。初めは不安に感じたり、知らないことも沢山ありますが、現場などで一つづつ先輩や職員の皆さんが丁寧に教えて下さります。
是非1度ゆたか会に見学に来て、ゆたか会の魅力を感じてください。

職員の温かさに魅かれました

介護職員(地域密着型小規模特別養護老人ホーム さわの風・2015年入社・龍谷大学)

今の仕事のやりがい
少人数の家庭的な雰囲気の中で「通い」「泊まり」「訪問」といったサービスを組合せて同一職員による継続した支援をしています。最初は戸惑うこともあり苦労しましたが、利用者さんと馴染みの関係を築くよう支援をしています。笑顔で嬉しそうな表情をみると、私もうれしくなりそこにやりがいを感じます。
当面の目標
毎日違うことがあり、バタバタと忙しこともありますが、利用者さん一人ひとりとかかわる時間を大事に、笑顔で毎日すごせるように努めています。
就職先をゆたか会に決めた理由は
ゆたか会のセミナーに参加し、人を支える仕事が自分にはしっくりきて介護の仕事をやってみたいと思いましが。
先ずは相手の立場に立って考える

生活支援員(障害者支援施設 清湖園・2015年入社・大阪学院大学)

特に印象に残っているエピソード
仕事を初めて間もないころ、仕事を終えて帰宅しようとしたときに、一人の利用さんから声をかけられました。障害をお持ちのため話しておられることがうまく聞き取れず、紙に書いていただきました。「おつかれさまでした 気をつけて帰ってください」と書かれていました。今でも大切に持っています。
当面の目標
利用者の方の目線で仕事に努めること。先ずは相手の立場に立って考える。資格も取りたいです。
学生の皆さんへ
福祉に興味のある方、人とかかわる仕事がしたい方、コミュニケーションが得意な方いろいろな方がおられると思いますが、少しでも興味のある方は先ずは見学に来ていただければと思います。
職員同士助け合い、伸び伸びと働ける環境

介護職員(朽木特別養護老人ホーム やまゆりの里・2014年入社・佛教大学)

今の仕事のやりがい
体力を使うことも多くあり疲れてしまう時もありますが、利用者さんと話をすることで元気をもらえ、自分も支えてもらってると感じる時やりがいを感じます。働き始めた時からいつも話しかけてくださった方が突然亡くなられた時はすごく落ち込みましたが、この仕事を続けていく上では避けて通れない道です。利用者の方が最期を迎える時にこの施設で過ごせてよかったと思っていただけるような日々の関わりを大切にしていきたいです。
学生の皆さんへ
介護の仕事はキツイというイメージがありますが、利用者さんとの関わりの中で楽しいことや嬉しいこともたくさんある仕事です。また職員同士助け合い、伸び伸びと働ける環境が整っています。ぜひ説明会や、職場見学に足を運んでください。
毎日新たな発見があります

生活支援員(障害者支援施設 清湖園・2013年入社・龍谷大学)

今の仕事のやりがい
利用者さんの生活全般を支える生活支援員をしています、介護の仕事に正解はないとよく言われるように、毎日のように新たな発見がありその瞬間を大切にして様々なことを学べることが今のやりがいです。
就職先をゆたか会に決めた理由は
地元高島市で生まれ育ち学んできました。育ててくれた地域に貢献できることをしたいと思ったからです。
利用者さんの笑顔や「ありがとう」の言葉に支えられています

生活支援員(2007年入社・キリスト教社会福祉専門学校)

今の仕事のやりがい
障害のある方たちの日常的な介護と支援を行っています。仕事がつらく感じる時もありますが、利用者さんの笑顔や「ありがとう」の言葉に支えられています。
最近の出来事と当面の目標
清湖園では初めてとなる看取り介護を経験させていただきました。経験や知識の少ない中職員が協力しあえたこともあり、多くを考え学ぶことができました。感謝しています。 今後の目標は更なるスキルアップ(資格取得)を目指しています。
就職先をゆたか会に決めた理由は
学生時代の障害者施設での実習がきっかけです。自分の住んでいる地域にそのような施設があり、是非ここで働きたいと思い決めました。
学生の皆さんへ
介護の仕事は大変といわれていますが、それ以上に人とかかわる楽しさや人の温もりを感じられる素敵な仕事です。
住宅手当などのサポートあり

介護職員(特別養護老人ホーム 清風荘・2014年入社・花園大学)

今の仕事とやりがい
利用者さんの日常生活に必要な介助と支援をしています。その人の人生に関わった一人であることを感じるとき、仕事の大切さとやりがいを感じます。
就職先をゆたか会に決めた理由は
県外からゆたか会を希望して入職しました。住宅手当などのサポートもあり、比較的お給料も高かったのが決め手の一つとなりました。
学生の皆さんへ
理想や希望を忘れずに、興味のあることを中心に楽しみながら就活をしていただければと思います。
自分が納得できることが一番です

介護職員(地域密着型小規模特別養護老人ホーム さわの風・2015年入社・京都女子大学)

仕事への心がけ
利用者の方との信頼関係を築き、丁寧な介助をすること。いつでもこのことを忘れないようにしたいです。
就職先をゆたか会に決めた理由は
就職活動を始めると、さまざまな企業があり、自分に合う仕事は、自分のやりたいことはなど、迷いやあせりもありました。介護の仕事にも興味があり、ゆたか会があることを知りました。採用担当者の話を聞く中で、ゆたか会の理念に共感したことがきっかけです。
学生の皆さんへ
周りと比べたり、焦ったりせず、自分のペースで就職活動をすればいいと思います。自分が納得できることが一番です。
人とのかかわりが好きな人はぜひ!!

介護職員(朽木特別養護老人ホーム やまゆりの里・2015年入社・佛教大学)

今の仕事とやりがい
高齢者施設で介護の仕事をしています。毎日の生活の中で、小さな気づきや利用者さんの思いに添った支援ができたときは、やりがいに感じます。
就職先をゆたか会に決めた理由は
地域とのかかわりの多さが決めてでした。個人的には通勤に便利なことも。
学生の皆さんへ
介護の仕事は厳しいイメージがありますが、利用者さんとのかかわりは楽しいこともたくさんあります。人とのかかわりが好きな人はぜひ!!
びわこの見える楽しい職場です

介護職員(特別養護老人ホーム 清風荘・2014年入社・同志社大学)

今の仕事のやりがい
利用者さんの笑顔とやさしい声掛けに、励まされつつやりがいを感じています。 まだまだ学ぶことも多いので頑張っていきたいです。
就職先をゆたか会に決めた理由は
私の場合、地元で働きたいとの思いで ゆたか会を志望しました。
学生の皆さんへ
清風荘はびわこの見える楽しい職場です。就職活動は大変ですが、頑張ってください。
人と人とのかかわりの大切さを実感できる職場

介護職員 → ケアマネージャー
(特別養護老人ホーム 清風荘 副主任・2003年入社・関西学院大学)

今の仕事とやりがい
施設のケアマネージャーをしています。入所されている高齢者の過ごしやすい環境と生きがいの持てる支援の提供を目指しています。やりがいを感じることも多い職場です。
就職先をゆたか会に決めた理由は
就職するまでは高齢者とのかかわりも少なく、不安でいっぱいでした。ゆたか会は障害分野、高齢分野など複数の事業所を持ち、多くの経験が積めるのではと思い入職しました。
学生の皆さんへ
ゆたか会は人と人とのかかわりの大切さを実感できる職場です。多くの職場を見学し、多くの先輩職員の話を聞いて、納得いくまで調べ、後悔しないよう就職活動をしてください。
人を育てることで、自分も成長できる

介護職員
(朽木特別養護老人ホーム やまゆりの里 係長・1997年入社・キリスト教社会福祉専門学校)

今の仕事のやりがい
研修などを企画実行する人材育成の担当をしています。介護の現場や研修を通じて新人などが成長する様が嬉しく感じ、その中で新な発見もあり共に成長できることが今のやりがいです
学生の皆さんへ
視野を広く持ちまず何でもやってみることで、新しい発見や楽しさがあると思います。
自然豊かな環境でのびのびと成長できる

介護職員 → 栄養士(障害者支援施設 清湖園・2011年入社・聖母女学院短期大学)

今の仕事とやりがい
栄養士です。「今日のごはん美味しかったよ」と言っていただけるともちろんうれしいのですが、何気ない食事の話からコミュニケーションがとれ広がっていくのも楽しさのひとつです。
就職先をゆたか会に決めた理由は
栄養士での求人はなかったのですが、介護職員として入職しました。介護現場のことを理解するいいきっかけになると思ったからです。介護職の時代の3年間も楽しく過ごせ、いい経験をさせていただいたと感じています。
学生の皆さんへ
ゆたか会は、職員も利用者さんも地域の皆さんもあたたかい人が多いと思います。自然豊かな環境でのびのびと自分自身も成長していける職場です。
難しい反面やりがのある仕事

介護職員 → ケアマネージャー → 相談員
(特別養護老人ホーム 清風荘 主任相談員・2001年入社・日本福祉大学)

今の仕事とやりがい
ケアマネージャーと法人の人材育成を担当しています。利用者一人一人の支援計画を作成するケアマネの仕事は難しい反面やりがいを感じています。人材育成は、大切な仕事の一つです。チャレンジ精神で頑張っています。
当面の目標
人材育成担当者として成長し、実践していくことです。
学生の皆さんへ
支援を通じて、利用者、ご家族との結びつきや信頼関係を築いていくことは大切です。できるだけ多くのことに関心を向けてください。自分の目で見ること、自分の耳で話を聞くことが必要です。
人の役に立つ仕事がしたい

介護職員(朽木特別養護老人ホーム やまゆりの里・2003年入社・京都医療福祉専門学校)

今の仕事のやりがい
利用者様が何を考え望まれているのか、伝えたいのか、思いをうまく受け止められないこともありますが、ひとつひとつじっくり対応し解決していくことにやりがいを感じます。
当面の目標
認知症の方の「なぜそのような行動をとられるのか」といった本当の要因など「認知症ケア」の重要性及び「ユニットケア」の向上をチームケアで質を高めていきたい。
学生のみなさんへ
高齢者の介護は進化しなければなりません、固定観念だけではなく、皆さんの「柔軟な発想」や「若い力」に期待しています。
利用者さんの元気と笑顔を引き出したい

介護職員(特別養護老人ホーム 清風荘・2003年入社・京都医療福祉専門学校)

当面の目標
以前に夜間不眠の利用者さんがおられ、1日の生活パターン把握し適切なケアを行うよう工夫したところ、日中の居眠りなく元気に過ごされるようになった。今後も個別ケアを実現するために、日々の細かなサイン拾い集めスタッフ全員でより質の高いケアを提供していくこと。
就職先をゆたか会に決めた理由は
小学生の時に社会科見学で福祉施設を訪問し、働いている姿がキラキラ輝いて見え介護の仕事がしたいと思いました。さらに、自分の生まれ育ったこの地域に恩返しをしたかったからです。
学生の皆さんへ
自分の力を発揮できそうな施設を探せば、自分をより成長させることができます。たくさんの施設があり、施設ごとの特色があります。実際の職員が働いている様子を身近で経験して、働きやすさを自身で感じることが大切だと思います。
育児に理解のある職場

生活支援員(障害者支援施設 清湖園・2003年入社・キリスト教社会福祉専門学校)

就職先をゆたか会に決めた理由は
介護実習でお世話になったことがきっかけです。障害福祉に興味を持ち、大阪から一人暮らしを始めました。
学生の皆さんへ
育児をしながらでも職場の理解もあり、長く働くことができています。子育ての悩みも先輩ママがたくさんいるので相談もできます(^_^.)
皆さんから信頼していただける職員になる

介護職員(地域密着型小規模特別養護老人ホーム さわの風・2015年入社・若狭医療福祉専門学校)

就職先をゆたか会に決めた理由は
介護実習で清風荘にお世話になりました。社会福祉法人ゆたか会の皆さんと一緒に働いてみたいと思いました。
当面の目標
皆さんから信頼していただける職員になることです。笑顔で頑張ります。
学生の皆さんへ
介護は大変な仕事ですが、それ以上にやりがいやたくさんの人と接することの楽しさと喜びがあります。
先ずやってみよう!行動が大切!!

生活支援員(障害者支援施設 清湖園・2009年入社・国士舘大学)

今の仕事のやりがい
清湖園で生活支援員をしています。利用者さんのニーズに応えられ、自分の仕事が役立っていると思える瞬間。日々違った経験ができ、刺激をもらいながら頑張っています
学生の皆さんへ
先ずやってみよう!行動が大切!!好きな仕事をするのではなく、自分のする仕事が好きになる!!
職員同士の協力が大切

生活支援員(障害者支援施設 清湖園・2005年入社・京都YMCA国際福祉専門学校)

今の仕事のやりがい
障害者の生活支援を行っています。楽しみを共有できるのもやりがいを感じる一つです。副主任という立場での後輩の指導・育成。働き甲斐のある環境づくりを大切にしています。
当面の目標
直面する課題に対して、職員同士が協力し、頑張ってよかったと思えるような働きをしたいです。
就職先をゆたか会に決めた理由は
自分にとっては、通勤のしやすさが魅力でした。
学生の皆さんへ
人のために何かしたいとの思いがある方は、楽しい仕事ができると思います。